留学生を採用しようと考えたときに知っておいてほしいことー在留資格変更ー

はじめに 留学生が日本で働くには「留学」から働くことのできる「技術・人文知識・国際業務」といった在留資格へ変更をしなくてはなりません。申請者本人(この場合は留学生)が入社までに入国管理局に出向き、手続きを進めていきます。 … 続きを読む

留学生の就職状況をデータから分析しよう

留学生の就職状況をデータから分析しよう

日本で就職活動を始める留学生が日本で就職活動を始めるなら、まずは留学生の就職状況をデータから分析し、留学生の就職の現状を知る必要があります。日本での就職活動を日本人と同様の応募プロセスで進めていきますが、就職率という結果 … 続きを読む

留学生が日本で就職するには在留資格変更が必要です!

10月10日、法務省が「平成29年における留学生の日本企業等への就職状況について」をリリースしました。発表によると、留学生の就職人数が最高人数を記録したとのことです。しかし、私がそのことよりも驚いたのは、許可率が80.3 … 続きを読む

内定までのプロセスーW.Lさん(女性・東南アジア)

終わり良ければすべて良し 学部生(現役)から就職活動をはじめ、特定活動の在留期限ギリギリまで継続したので、長い期間の就職活動でした。しかし、これまで50社近く応募したのは、”この会社に出会うためだった&#82 … 続きを読む

“特定活動”(在留資格)で就職活動する

これまでの就職活動をフィードバックする必要があります。 比較的早い段階で就職活動をスタートさせて、ある程度の数の企業を応募した人たちで(内定があった、なかったにかかわらず)就職活動を続ける人は、応募企業の選び方、応募書類 … 続きを読む

在留資格変更について【Step4 内定】

留学生が日本で就労する場合、在留資格“留学”から、就労可能な在留資格に変更する必要があります。 “留学”から就労可能な在留資格への変更許可申請を行うのは、原則本人です。入社する企業の人事担当者の仕事ではありません。企業側 … 続きを読む

developing your career in Japan – 京都キャリアディベロップメントセンターmenu